FC2ブログ
そら太朗の成長記録
2015年08月26日 (水) | 編集 |
1A08 0823
ココは、ドコでしょう?
そら太朗のお散歩界隈には、隠れた名所・旧跡があるのです。
2A07 天女の羽衣 0823
マツといえば・・・
立派な松の木です。
3A06 虹の橋はお空の上 0823
てんにょのハゴロモ?
天女の羽衣を見つけたのかしら?
4A04S 逆井の渡し跡 0823
ここは、逆井の渡し跡と言って、歌川広重の「名所江戸百景」(1856~1858)に描かれた場所なのです。
お散歩をすると、過去の名所や旧跡に出会うことがあります。
ちなみに、前の川が旧中川で右手の逆井橋(さかさいはし)の上は高速道路で、左手に虹の大橋があります。
5A05 0604
虹の大橋から見た逆井橋です。虹の大橋の欄干に鳩が止まっています。
ちなみに、旧中川の橋の中心(たぶん)から、左手は江東区で、右手が江戸川区になります。
10虹の大橋2 0826
急きょ、虹の大橋を追加しました。(2015.8.26 16時)
6B03 0823
さて、日曜日にそら太朗パパと、池袋サンシャイン文化会館の〔第32回 読売書法展〕に行きました。

7B02 虹の橋書 0823
昨年10月2日に虹の橋に旅立ったヨーキーのアドちゃんのママ様が、〔ソマリ+ism〕さんのご翻訳された〔虹の橋〕で癒されたとのことで、ご翻訳されたりんぽぽ様にご了解いただいて、書かれた作品が入選されたのです。
アドママ様の、優しくて温か味のある作品に感動しました。
アドちゃんを思ってお散歩されている、アドママ様はこちら ⇒ 

8アドちゃんと 108
約2年前の10月の、ヨーキー15才半のアドちゃんと、2才のそら太朗です。
9アドちゃん 15才 2013.10.8
アドちゃんは15才半でも、こんなにチャーミングでした。
この時のアドちゃんの美魔女ぶりは、こちらをどうぞ ⇒ ☆彡

そら太朗ブログをしてから、虹の橋の存在を知りました。
ペットと暮らすということは、いつかはお別れすることを覚悟しないといけません。
愛しいペットが、こんなに素晴らしい世界で暮らしていて、いつか再会できると思うと癒される気持ちがいたします。


↓ ぼちっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/08/26(水) 06:47:13 | | #[ 編集]
虹の橋・・とてもいいお話で何度読んでも涙がでます。
どれだけ一生懸命しても後悔が残ります。もっとこうすればよかったと。でも虹の橋を知ってからポチはもう耳もきこえて元気にお友達と暮らしているから大丈夫と思えるようになりました。きっと
アドちゃんとも遊んでいるかもしれません。
心温まる素敵なお話です。ありがとうございます。
2015/08/26(水) 08:47:29 | URL | しゅう #-[ 編集]
わぁ、素敵な作品ですねv-238
アドちゃんのママ様の、凛としたお心が、静かにあふれている気がします。今まで目にした「虹の橋」とは、また違う感動を覚えました。

そら太朗くんは、ほとんどヨーキーちゃんサイズなのですね。
きっと、かわいいおじいちゃんになりますね!

いつかまた会える。そのときは、一緒に走ったり、転げまわったり・・・私もあのころにもどって若返ることを期待してます。
2015/08/26(水) 09:24:46 | URL | つま&ぶうた #7r4xH7r6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/08/26(水) 09:57:56 | | #[ 編集]
アドちゃんママ様は優しい方です。
鍵コメS様

こんにちは。
コメントをいただきまして、ありがとうございます。

そして、いつもご訪問いただきまして、ありがとうございます。
アドママ様は優しい方なので、気にかけていただいて嬉しいですね。
雨の中もシッカリお散歩してS様は立派だと思います。
そら太朗は、トイレトレーニング中なのでお散歩時間が不規則になっていますが、手こずっています。
またお会いできる日を楽しみにしています。
2015/08/26(水) 18:00:10 | URL | そら太朗ママ #-[ 編集]
ステキな詩です。
しゅうママ様

こんにちは。
コメントをいただきまして、ありがとうございます。

りんぽぽ様の翻訳された〔虹の橋〕は、優しい愛にあふれていて感動します。
アドママ様も、ペットロスをこの詩で癒されたとおっしゃっていました。
ポチちゃんは、しゅうママ様に大切に思われていて幸せですね。
虹の橋で、きっといっぱいお友達ができて楽しく過ごしていると思います。
2015/08/26(水) 18:03:57 | URL | そら太朗ママ #-[ 編集]
コンバンハ🌂
虹の橋の詩は,ほんとうに,涙なくしては読めませんね…
私も「もしウチのお嬢が…」と想像して,どよ〜んとなることがあります(元気で生きてるのに ^ ^;;;).虹の橋のところで,病気も老いも関係なく元気に走り回ってると想像すると,救われますね.
2015/08/26(水) 18:10:04 | URL | まりちよ #-[ 編集]
虹の橋の書は素晴らしいです。
つま様&ぶうた君

こんにちは。
コメントをいただきまして、ありがとうございます。

詠み人知らずの〔虹の橋〕は翻訳された方によって違う作品になるようです。
りんぽぽ様の作品は優しさにあふれていて素晴らしいです。
アドママ様が、りんぽぽ様が翻訳された〔虹の橋〕を書道で書かれて素晴らしい作品になりました。

そら太朗は、ヨーキーやチワワのMIXなのに大きいのですが、この頃はたぶん体重が3.6㎏位で今より痩せていたかも。
15才のアドちゃんにアプローチするほどの熟女好きだったんですよ。
ぶうこちゃんも虹の橋で、若返って飛び跳ねているでしょうね。
2015/08/26(水) 18:16:30 | URL | そら太朗ママ #-[ 編集]
虹の橋で幸せに過ごしていますね。
鍵コメC様

こんにちは。
コメントをいただきまして、ありがとうございます。

虹の橋の世界を知ったのは、そら太朗ブログを通してでした。
ペットの永久の旅立ちを思うと胸が痛みますが、虹の橋の存在で癒されます。
鍵コメC様のMちゃんも、虹の橋で幸せに過ごしていると思います。
そして、いつか元気な姿で再会できますね。
2015/08/26(水) 18:19:53 | URL | そら太朗ママ #-[ 編集]
虹の橋は、まりちよ様から教えていただきました。
まりちよ様

こんばんは。
いつもコメントをいただきまして、ありがとうございます。

実は、虹の橋の存在を知ったのは、まりちよ様がみるくみかんまま様のコメントに書かれたのがきっかけでした。
初めて聞いた言葉だったので、天国とか極楽のことかしら?と想像していました。
そして、りんぽぽ様が翻訳された素晴らしい〔虹の橋〕に出会いました。
私もそら太朗の具合が悪かったりすると考えることがあります。
いつか来るその時は、虹の橋で元気に明るくに過ごして、いつか再会する日まで待っていてくれると思うと救われます。

2015/08/26(水) 18:27:43 | URL | そら太朗ママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/08/26(水) 21:51:36 | | #[ 編集]
いつかは通る道だと思うのですが・・・
鍵コメC様

こんばんは。
コメントをいただきまして、ありがとうございます。

ワンコを飼うという事は、いつかは見送る覚悟をしないといけないと思っていますが、頭と感情は違います。
でも、虹の橋で若返って楽しく暮らして、いつか再会できると思うと安らぎます。
鍵コメC様も少しでも長く宝物Cちゃんと暮らせますように。
2015/08/26(水) 22:13:54 | URL | そら太朗ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック