FC2ブログ
そら太朗の成長記録
2020年01月09日 (木) | 編集 |
1A01 ポメファミリー 1231
昨年の大みそかの取りに会ったのは、パワフルなポメファミリーでした。
前回ポメファミリーに会ったのは、こちら ⇒ 

2A06 ポメファミリー 1231
ではポメファミリーのご紹介です。
向かって左の第一コーナー10才の紬パパ、第二コーナー10才の愛ママ、第三コーナー3才の日向(ひなた)お嬢でーす。
3A07 ポメファミリー 1231
ポメファミリーに恐れをなした、ヨーチワ8才のそら太朗が逃亡しました。
そら太朗選手失格。
そら太朗ママはカメラマンをそら太朗パパにバトンタッチ。
4B01 ポメファミリー パパカメラマン 1231
愛ママ(左)と日向お嬢から一歩下がって、紬パパが大きく両手を上げてアピールしています。
5B04 ポメ母娘 1231
愛ママと日向お嬢のどちらが先にオヤツをもらえるか?
6B11 ポメ母娘 1231
ポメ母娘の真剣さに、男性陣はついていけません。
そら太朗は家政夫は見た状態です。(笑)
7C03 紬君 全抜歯 戸田病院住吉 全国から患犬 1231
ついていけない男性陣が追いかけっこをしています。
ところで、紬パパは歯周病が悪化して犬の歯医者さんで名高い〔とだ動物病院〕さんで、残っている歯を全部抜歯したそうです。
悪い歯を抜いたことで元気になって、ドライフードも普通に食べているそうです。

そら太朗も6才のときに歯周病で9本も抜歯しました。
唾液が出にくい小型犬は歯周病になりやすいようです。
お口の匂いが気になったり歯がぐらついたら早めに動物病院に行くことが大切だと思いました。
その後、歯磨きはそら太朗パパが本気でやっていますので、現状維持です。
そのときのブログは、こちら ⇒ 抜歯 、経過 

8D04 1231
あらあら、そら太朗ママのオヤツが空っぽになってしまいました。
紬パパごめんね。

良かったらご覧ください。  → Instagram

↓ ぼちっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


スポンサーサイト



2019年12月20日 (金) | 編集 |
1C02S  結果待ち 1216
平井動物病院〕さんで、ワクチンと健康診断を受けたそら太朗は、ホッとして待合室で検査結果を待っています。
(ホームページの院長先生の笑顔の写真が可愛いです。)
前回を見逃したあなたは、こちら ⇒ 🏥

2D02  にゃんぱく宣言
この頃気になるCMの『にゃんぱく宣言』の歌詞が、保護犬の小雑誌の裏表紙に載っていました。
つい口ずさんでしまいます。(笑)
3C03 良好 1216
診察室に呼ばれて検査結果をお聞きしました。
超音波も血液検査も問題なしでしたが、手作り食をしている話をしたら院長先生がカルシウム(CA)とリン(P)も追加で検査しましょうとおっしゃったので、10分ほど待合室で待って検査結果を見て大丈夫のお墨付きをいただきました。
4C08 血液検査 1216
無駄な検査をお勧めしない先生なので、良心的な金額です。
5C05 良好 1216
追加項目の写真を撮ろうとしたら、そら太朗がモデルとして割り込んできました。
そら太朗はモデルのプロ意識が高いんですのよ。
6C06 血液検査 1216
赤字の血色素量(Hgb)18.1は問題なしとのことでした。
7C07 血液検査 1216
手作り食の追加項目は手書きで記入していただきました。
そら太朗はパピーの頃からドライフードを食べなくて手作り食でしたので、合格点をいただいたようで嬉しかったです。
そら太朗パパにお散歩を頑張ってもらい体重管理をしっかりしていきます。

そら太朗パパとママは海外旅行に行きたいと思っているのですが、そら太朗がホテルでご飯を食べないので困っていました。
院長先生にご相談したら、食事をしないワンニャンさんがいるそうですが、食事をしなくて衰弱した場合に点滴を打っていただいたり処置ができるとのことでした。年齢的にも急病の心配もありますし朝夕2回のお散歩もしてくださるようなので、平井動物病院ホテルに預かっていただくことができそうで安心しました。

良かったらご覧ください。  → Instagram

↓ ぼちっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


2019年12月19日 (木) | 編集 |
1A01 1216
そら太朗がやってきたのは、そら太朗のホームドクターの〔平井動物病院〕さんです。
健康診断をしていただくので、小さなビンを持って道中にオシッコを採取しました。
前回、平井動物病院にお世話になったのは、こちら ⇒ 🏥

2A05  待合室探索 1216
そら太朗が待合室で気になるものを見つけたようです。
3A06  アニマルキャッチャー 1216
平井動物病院さんは、地域猫活動にご協力されていて時々病院内でネコの里親譲渡会を開催されているようです。
アニマルキャッチャーは野良猫さんを捕獲するものでしょうか?
4B01 診察室 1216
診察室で緊張マックスのそら太朗です。
体重は4.2㎏で、12月初めにニコホテルさんに2泊3日お世話になって200g痩せたのが戻りましたが、これ以上太らないように注意されました。(そら太朗パパ、オヤツは控えめにね)
ワクチンと健康診断をお願いしました。
X線は肺に異常があるある場合はした方が良いようですが特に問題がなさそうですので、血液検査、尿検査、腹部超音波検査をしていただくことになりました。
そら太朗は処置室に連れていかれて、血液検査と超音波検査をしていただきます。
5B03 採血と超音波ふき取り 1216
検査が終わって、超音波のジェルをアルコールで拭き取っていただいています。
6B09 5種ワクチン 1216
さぁ、いよいよ5種ワクチンですよ。
7B13S 5種ワクチン 1216
先生はゴッドハンドなので、そら太朗が気がつかない内にワクチンを打たれていました。

すべての検査結果は20分ほどで出るので待合室で待たせていただきます。
待合室に、お客ワンさんとお客ニャンさんが3組待っていました。
ドキドキの検査結果はいかに?

良かったらご覧ください。  → Instagram

↓ ぼちっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


2019年10月27日 (日) | 編集 |
そら太朗の落下事故の顛末を備忘録として書きました。
もうすっかり元気ですので、ご安心してください。
1C01  緊急搬送 1017
10日前の朝、そら太朗パパとお散歩した後に、いつものようにマンションの外でそら太朗がパパの膝にジャンプしたのを受け取るときに、勢い余ってそら太朗がコンクリートの地面に落下しました。
そら太朗パパが言うには、頭から落下したようで、倒れたまま身動きせずに、これまで聞いたことがない大声で鳴いたというのです。
そら太朗ママが見たときは鳴いていませんでしたが、そら太朗が半開きの目に涙をためていました。
頭を打ったのだったら大変なことになるので、すぐに動物病院に連れて行こうと思ったのですが、5分後にはいつもの目の大きさに戻って朝食を完食したので様子を見ることにしました。
3C04 平井動物病院 1017
心配なので、お昼前にかかりつけの〔平井動物病院〕さんに連れて行きました。
そら太朗パパは落っことすといけないので、しっかり抱いています。
前回、動物病院に行ったのは、こちら ⇒ 🏥

4C07 平井動物病院 1017
動物病院の待合室では、そら太朗ママの膝に飛び乗る元気がありました。
5C08 ジャンプ後すべって頭から落下 1017
院長先生に事情をお話して触診と目の瞳孔の動きなどを調べていただきましたが、特に異常がないとのことでした。
MRIを撮らないとハッキリしたことはわからないけれど、頭に損傷があると2日後くらいに症状がでることがあるので、少しでも異常があったら連れて行くことになりました。
脳が損傷した場合は、脳圧を下げるための点滴をするとのことです。
なるべく安静にした方が良いと言われたので抱っこして帰りましたが、帰宅後もいつもと変りなく元気で食欲もありました。

6D02 翌朝 1018
翌朝のお散歩は、そら太朗がそら太朗パパを睨んでいるので(ウソ)そら太朗ママも一緒に行きました。
ではなくて、そら太朗パパの落ち込みがすごかったのです。
7D04 1018
そら太朗はいつものお散歩と同じで、マーキングもバッチリです。
落下事故があってから2,3日はドキドキの毎日でしたが、1週間が過ぎて元気なので大丈夫です。

ところで、そら太朗パパがこれまで聞いたことがない声で鳴いたと言っていましたが、宅急便のお兄さんが来たときと同じ鳴き声でした。(笑)
気持ちが動転していると、大げさになるんですね。
その後、そら太朗パパは抱っこするときに細心の注意を払っているようです。

良かったらご覧ください。  → Instagram

↓ ぼちっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


2019年05月28日 (火) | 編集 |
1A02 動物病院前 0522
そら太朗がやってきたのは、〔平井動物病院〕さんです。

2B08 診察台 4㎏ 0522
診察台のそら太朗はドキドキ。
体重は4㎏で前回より200g痩せていましたが、現状維持でOKとのことです。
動物病院に前回来たのは、こちら ⇒ 🏥

3B09 フィラリア検査 0522
ちょっと遅れましたが、フィラリア検査と狂犬病ワクチンをしていただきます。
去年のフィラリア検査は、こちら ⇒ 

4B12 一瞬 陰性 0522
フィラリア検査は首から採血していただきましたが、一瞬で痛くも痒くもなかったようです。
フィラリアは陰性でした。
去年フィラリアとノミダニの滴下をしていただきましたが、その日の夜に嘔吐して元気がなかったし、フィラリアのチュアブル(去年の残り)は食べないのでパスすることにしました。
その代わりヒバ油やハーブの虫除けスプレーや、虫除けグッズ対策をしています。
5B13 狂犬病ワクチン 0522
狂犬病ワクチンは背中にチックンです。
6B14 狂犬病ワクチン 0522
院長先生は注射の達人なので、痛くないようでビクともしません。
7C02 アフター 笑顔 0522
フィラリア検査も陰性で、狂犬病ワクチンをすませて安心しました。
フィラリアは東京ではかかることはほとんど無いようですが、地方に旅行した場合にかかる危険性が高くなるので、心配な時は旅行から帰ってからフィラリアワクチンを注射するといいとお聞きしました。
フィラリアワクチンを打たないのは自己責任なので、蚊の対策はしっかりしないといけません。

良かったらご覧ください。  → Instagram

↓ ぼちっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村